2007年12月31日

【日記】明けますよ、おめでとうございます

まだちょっと新年には早いので
“明けまして”じゃなくて“明けますよ”(笑)
2007年は、ほんとに何も書くことがありません。
何もやってませんので(何

結局、今年中に完成する予定だったカードリストも
中途半端なまま止まってるし、
ちょっと前の記事の後編は
いまいち文章がまとまらないので年明けになりそうですw

ほんと、ネット上だけで
リアルでほとんど顔を見せない-Ark-ですが
今年もいろいろとありがとうございました〜

皆様よいお年を。
posted by −Ark− at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

【OCG】世代交代

DOのカードリスト更新が
シェのひとからじろーくんに引き継がれるみたいですね。
思えば、爪楊枝さんから引き継いだ後
割と長い期間シェのひとがやってました。

おつかれさまです。そしてじろーくん頑張って〜

それにしても今年は、例年以上に有名人が亡くなったり
野球選手が引退したりして
本当に世代交代が着々と進んでる気がします。
逆らいようのない時代の流れってやつですかね?

ちなみに俺自身はまだ旧世代に取り残されてる気がしますがwww
posted by −Ark− at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

【OCG】表と裏の攻防(前編?)

近ごろは、優秀な起動効果や誘発効果(召喚時)を持つモンスターが増え
モンスターを表側表示で召喚することが多くなった。
効果を発動すれば、
それだけでアドバンテージが取れるモンスターが増えたのである。

とすると、次々とモンスターを展開して
積極的に効果発動を狙っていけば有利になると考えられる。

だが、それほど単純に考えてもいいものか?
という疑問が残る。
続きを読む
posted by −Ark− at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | OCGその2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日記】映画

エイリアンVSプレデター2 を見て来ました。

プレデターさん、単騎でよく頑張った。

それにしても、
人がゴミのように蹴散らされていく様が多いですね。
前の席に明らかに小学生以下に見えるちっこい子が座ってたんですが
こういうの見せていいんだろうかw

将来、変な気を起こしませんように。
posted by −Ark− at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

【OCG】最近のアレ

《ヴォルカニック・ロケット》
★4 炎属性・炎族 ATK/1900 DEF/1400
このモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、デッキまたは墓地から「ブレイズ・キャノン」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。

ジャンプフェスタでもらえたというこのカード。
よく見ると、回収範囲がかなり広いんですね。
しかも、発動条件も3つの召喚に対応してて
ステータスも4つ星で1900。

これ使ってサモプリとあわせれば
面白い圧縮ができそうですw
posted by −Ark− at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

【OCG】初心に帰ってみた

近ごろ、メインの機械デッキでどうも立ち回りが不安定だったので
改めてデッキのカードバランスを見直してました。

とりあえず、
モンスター20枚、魔法13枚、罠7枚 ということで
枚数的なバランスは整ってるはずでした。

しかし、よくよく各カードの役割を見ていくと・・・

モンスター20枚のうち
1ターン目から出せる(出しても差し支えない)モンスターが
6枚しか無かったわけです。

例えば、サイドラやブロバなどの上級は1ターン目には出しにくいです。
また、下級モンスターでも
ブレイカーやサイバー・ヴァリーなどは
1ターン目に出して放置するわけにも行きません。
更に、セイント・マジシャンは墓地に魔法が無いときに伏せるわけにもいかず
メタモルポットは、手札が豊富な1ターン目に伏せるのは
あまり賢いとはいえません。

これは、魔法・罠カードにも同様なことが言えて
ここ最近、早いターンで感じていた違和感はこういう理由でした。
原因は言わずもがな、
サイバー・ヴァリーを2枚追加して
それに付随してコンボカード数枚を加えたせいでしょう(笑)
その時、無意識に入れ替えてしまったカードが
序盤戦に必要なカードたちだったということです。

ということで、こういう観点から再びデッキを組みなおしました。
カード種の比率は同じですが
1ターン目に出し易いモンスターが9枚に。
更に、これだけじゃこころもとないので
そこをカバーできるような魔法罠を追加。

今の所、「1ターン目に気軽に出せるカード」が
デッキに18枚になっています。
これなら自然にプレイしてても違和感がないはず!

ただし、実際には
他のカードと揃って初めて威力を発揮するカードもあるため
実質的にはそれ以上の枚数が入ってることになります。
posted by −Ark− at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

【日記】寝オチ

昨日の夜は、DOサーバ立てたまま
とりあえず風呂に入ったあとちょっと横になったら
いつのまにか寝オチしてました(^^;

今起きて顔を洗いに行ったら、寝ぐせがクソやべぇwww

とりあえず、PC放置しててもサーバは動き続けることが分かりました。
posted by −Ark− at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

【OCG】妄想その8

近ごろは、カードの種類が増えて
戦術も多様化してきたせいか
昔のように「必須カードをとりあえず積んだ」だけでは
勝ち抜くことができなくなった気がします。
単体性能が高いカードのみでデッキを作れば
確かに安定はするが、それ以上を望むことができないのです。

というわけで、いかに必須カードを入れるかではなく
必須と思われたカードをいかに切り捨てるか という点も
考えるべきだと思う今日この頃。
posted by −Ark− at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

【ゲーム】センコロ続編

旋光の輪舞2(仮)キター!!!
前回は、稼動1年後くらいにプレイし始めたので
俺がやり始めた頃には次々と撤去されてしまったわけですが・゚・(ノД`)・゚・
今回は稼動直後からプレイできるNE。

問題は、来年にそんな暇があるのかどうかということorz
posted by −Ark− at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

【日記】師走か

走り回るほど忙しいっていう12月らしいですが
冬休み前の課題ラッシュで苦しんでいます・・・
ちなみに、今年の授業は25日まであります。
せっかく22日(土)〜24日(月)までが3連休なんだから
25日も休みにしてくれればそれで冬休みに入れるというのに_| ̄|○

どうでもいいけど、
『天皇誕生日の振り替え休日』ってなんか笑えますね(笑)

●ストラク帝

そろそろ発売日だなーって思ってカードリストを調べてたら
《異次元からの帰還》が再録されてるんですね。
他にも《次元合成師》とか入ってるし
1箱くらい買っておいてもよさそうな気がします。
てか、今回のストラクは良いカードが多いし
発売して早々に売切れそうな予感がします。
posted by −Ark− at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

【OCG】7体目の帝

《光帝クライス》
★6 光属性・戦士族 ATK/2400 DEF/1000
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、フィールド上に存在するカードを2枚まで破壊する事ができる。破壊されたカードのコントローラーはデッキから破壊された枚数分のカードをドローする事ができる。このカードは召喚・特殊召喚したターンには攻撃する事ができない。

光属性で2体目の帝の情報が出ましたね。
これで、今後また各属性で2体目を出すのか
それとも、ザボルグが★5だったので★6を出しただけなのか。
しかし今回のクライスは、既存の帝とは異なる点が多いです。

まず、特殊召喚でも効果が発動する点。
帝といえば生け贄召喚 という今までの帝の流れに反します。
また、既存の帝は「アドバンテージを奪う」
ことをメインにデザインされてるような気がしますが
クライスの場合、どちらかというと「アドバンテージを増やす」
という感じが汲み取れます。
続きを読む
posted by −Ark− at 07:28| Comment(4) | TrackBack(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

【OCG】デッキのバランス

あっちを立てればこっちが立たず・・・

《異次元からの帰還》を入れたおかげで
勝負どころのラッシュには強くなった。
その反面、どうも序盤の攻防に弱くなった気がするのは
除外用ギミックで3〜4枚のカードを入れ替えたせいなのでしょうか。

思うに、フィニッシュカードに必要なのは爆発力だけではない。
フィニッシュ以外の場面でも使えるかどうかも考えるべきでは無いか。
例えばオーバーロードならキメラで試合を決めることが多いが
機が熟して無くても《ガトリング・ドラゴン》を出すことができる。
埋葬やリビングも対象のモンスターは自由なので
あらゆる状況で役に立つ。

そう考えたとき、《異次元からの帰還》の立ち位置がどうなるか。
ライフを半分払って相応の見返りがある場面というのは
序盤や中盤ではなかなか来ない。

・・・どうしましょ?
posted by −Ark− at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

【OCG】封印櫃

最近、デッキに入れるべきかどうか迷ってるカードの1つが
《封印の黄金櫃》である。
任意のカードをデッキからサーチできるというのは
確かに大きなメリットであるが・・・
問題は手札に加わるまでの2ターンをどう考えるかということだ。

当然だが、手札に余裕があるときには心強いカードの1つである。
状況を見て最善のカードを選択することもできるし、
これといって状況を読みにくい場合でも
手札にあれば確実に上手く働くであろうカードを選択することができる。
特に、特定のカードがキーカードになるデッキの場合
それをピンポイントでサーチできるメリットは大きい。

選択したあとは、残りの手札を用いて
2ターンの間、戦況を維持すればいいのだ。

しかし、上記に当てはまらない場合について最近よく考えさせられる。
つまり、「2ターンの戦況を維持できない場合」があるのだ。
お互いが消耗して、下級モンスターの殴り合いになった場合や
手札事故でどうにもならない場合があてはまる。

そういう時、ドローしたカードが黄金櫃だったら・・・
とりあえず発動して2ターン後には何らかの見返りがあるが
そのターンは結局何も戦況が変わらない。
2ターン立つまでは、次のターンのドローに賭けるしかなくなるのだ。

しかし、もしドローしたのが黄金櫃でなく別のカードだったら・・・?
次のターンの1ドローを含めて
計2枚のドローで何とかなるかもしれない。
これは、《強欲な壺》を使ったことのある人なら経験があると思うが
1ドローでどうにもならなくても
2ドローすれば意外と何とかなることがある。(気がする)

考えてみれば、デッキ作成者は
自ら事故を起こそうとしてデッキを組んでいるわけではないので
ドローを重ねてなお事故が続くということは稀だと思われる。
この場合、黄金櫃は、一時的ではあるが
ドローを1回分無駄にしていると考えることもできるわけだ。

封印の黄金櫃には、こういうデメリットがあるということも
時々考えるようにしたい。
posted by −Ark− at 03:40| Comment(3) | TrackBack(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

【日記】検索ワード11月分など

いつの間にか12月になってしまいました。
そろそろ今年1年を振り返るシーズンなんですが、
振り返って何も無かったと分かった後の虚無感が恐ろしいので
とても振り返る気になれませんw

だが、まだ1ヶ月ある・・・
この1ヶ月に何か事を起こさねば。

というわけで11月の検索ワードを振り返ってみます。
続きを読む
posted by −Ark− at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。