2008年07月07日

【OCG】-Ark-はシンクロ召喚を覚えた!

シンクロ召喚をするためには最低2体のモンスターが必要 →
つまりシンクロはアド損を加速するためのシステムだったんだ!

ということであんまりシンクロを使う気になれなかったのが1ヶ月前。

しかし、《ブラック・ローズ・ドラゴン》の登場で
シンクロに対する見方が一気に変わりました。
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
★7 炎属性・ドラゴン族 ATK/2400 DEF/1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上:
このカードがシンクロ召喚に成功した時、フィールド上に存在するカードを全て破壊する事ができる。1ターンに1度、自分の墓地に存在する植物族モンスター1体をゲームから除外する事で、相手フィールド上に存在する守備表示モンスター1体を攻撃表示にし、このターンのエンドフェイズ時までその攻撃力を0にする。

とりあえず後半の効果はオマケとして
前半の効果がいい感じです。
今まで前述のようにシンクロにはアド損のイメージしかなかったんですが
こいつなら相手のカードを大量に巻き込むことができます。

そして、がら空きのフィールドに必殺の一撃を叩き込む!

ってやればすごく気分が良さそう。

一応、後半の効果もアタマの片隅に入れておくと
役に立つ場面がありそうですね。
《ダンディラオン》なんて、割といろんなデッキに入るので。

眠くなったので続きはまた来週。(たぶん)
posted by −Ark− at 03:57| Comment(2) | TrackBack(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒薔薇いいよな!かなりリセット力ある。
そしてなんたって炎属性だ!

ただシンクロは妨害される率も割と高いし
上手いこと相手のカードをたくさん巻き込めるかが問題だよな〜
Posted by ヒロ at 2008年07月08日 20:57
>>ヒロくん
 相手のカードが多いってことはその分妨害される可能性も高いってことだよねえ〜 できればモンスターだけ大量にいるときに使いたい気もする。
Posted by −Ark− at 2008年07月14日 03:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102327467

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。