2008年07月19日

【OCG】新たな予感

個人的にCSOCで注目しているカードといえば《ブラック・ローズ・ドラゴン》と、もう1つ《薔薇の刻印》。
《薔薇の刻印》  【装備魔法】
自分の墓地の植物族モンスター1体をゲームから除外して発動する。相手モンスターに装備しコントロールを得る。自分のターンのエンドフェイズ時、装備モンスターのコントロールは相手が得る。自分のターンのスタンバイフェイズ時、装備モンスターのコントロールは自分が得る。

かつての《強奪》に比べればデメリットが大きいですが
奪ってそのターンに生け贄〜 というパターンは強奪同様に使えます。

問題は、発動するために墓地に植物族が必要だという点。
今俺が使ってるデッキだと、《ダンディライオン》しかいないなー
と思いつつDOで植物族を検索してたら・・・

あ、《キラー・トマト》がいましたねwww

もともとリクルーター系は使わない人間なのですっかり忘れてました。
人によっては真っ先にトマトが思い浮かぶんだろうなーと思いつつ。

今まで俺がリクルーターをあまり好まなかった理由は
まず、発動トリガーが戦闘破壊なので相手の意思に左右されるから。
もちろん、モンスターを維持し易いというメリットはありますが
そこまでして展開したいようなリクルーターと被リクルートモンスターの組み合わせが無かったのです。
要するに、使うことによる見返りが薄かったんですね。

しかし、今回の場合
キラートマトを入れておけばそれがそのまま《薔薇の刻印》へとつながるメリットがあります。
正直、ボードアド消費無しで相手モンを奪えるのは強いので
見返りとしては十分です。

まだ思いつきの段階であって使ってないので何とも言えませんが
少なくとも、今の、ただシンクロを混ぜてみただけの微妙な状況よりは
いくらか面白くなると思うんですが・・・


あれ、もしかしてトマトと刻印軸のデッキって意外と行けるのでは?
posted by −Ark− at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。